右腕が痛いんだけど左を調整

右腕が痛い(上がらない)。
首が痛くて右後ろが見れない。
左股関節が痛い。
で、ご来店。常連さんです。

右腕は上がらないのは、最近ずっとで、接骨院だか整形だかにも
いって見える。
で、ひどくなってきたんだそう。
左肩が下がってる。
右肩が前に出ている。
う~ん。
そこから行こう。
左股関節の調整は骨盤調整で。
右腕は痛くて上に上がらないし微妙な角度で痛みが出る。
なので、ちょっとおいといて。。。
左肩の下がっているのと右肩が前に出ているのを戻すため
ひねり調整。
そして左の脇、お腹、背中のストレッチ。
ひねる⇒ストレッチ⇒肩回りを伸ばす⇒ひねる⇒ストレッチ⇒肩回りを伸ばす
を、繰り返し。
だんだん、肩の位置がよくなってきました。
で、座位で確認。
ん~。いいんじゃない?
右後ろは向けるようになりました。
腕も随分上がるようになりました。
「なんで、左なの?」
と、不思議そうでしたけど
そういうもんです。身体って。
要するに訳わからんもんです。身体って。
「痛くなる前に来た方がいいよね?」
と聞かれたので、
「左肩下がってきたら来てください。」
とお願いしました。
いつものペースだと3週間から1か月は持つんだけど。
持ってね。

丸くなってます。伸ばしましょう

春。ふつうなら暖かくなってお散歩の機会がふえるはず。
でも今年は自粛。
スマホ。PC。読書。
身体が丸くなってませんか?
伸ばす間もなく
梅雨。
丸くなってませんか?
首が、前に落ちてませんか?
落ちていたら、拾いましょう。(*^_^*)
姿勢を正して、首の筋肉伸ばして、
深呼吸して。
まず、正しい姿勢に。
壁に体をくっつける。
頭、背中、お尻、かかと。
姿勢正して、首も正しい位置に来ましたか?
そしたら深呼吸。
新鮮な空気沢山取り込んで。
お腹や、背中も伸びますよ。
('◇')ゞ

螺旋

久しぶりに美容院に行ってきました。
お客様から、マスクしたままと聞いていたんですけど。
マスク外してくださいって言われた。
ありがたかったんだけど・・・。
実は目の部分しか化粧していかなかった・・・。
ひえええ!!
でも、外しました。(*^_^*)

骨盤や背骨を調整するとき体をひねって調整することが多いです。
人の体は螺旋、らせん、ラセン。
らせん??
「ガラスの仮面」を、思い出してしまった。

ご自宅で、膝倒しをお願いすることがあります。
ひねり。ラセンです。
お尻のストレッチで体をひねってお願いするときがあります。
これも、螺旋。

あゆみさんってリボンを使っていたんだっけ?
まやちゃんはなんだっけ?
あ、またガラスの仮面。。。

自宅で、膝倒しなどお願いしたことをやっていただくと
来店時の調整も早いし、うまくいきます。
ご自宅でも螺旋、らせん、ラセン  です。

背中が痛いのでお腹を伸ばす

背中が痛い。
息を吸うとズキズキする。
眠れない。
・・・。
この間は腰だったっけ?
年だなあ。
内臓のせい?
でも、湯船につかると楽になる。
じゃあ、筋肉か・・・。
年だなあ。

右手で色々引っ張る動作をしていた。
そのせい?
寝ながらお腹を押してみる。
うう。
激痛。
ここ?
腹手技を行う。
うう。苦しい。
腹手技は嫌いだ。でもずいぶんと楽になった。
次は腹斜筋と腹横筋。
どちらも、寝ながらできるストレッチ。
怠け者だ、私は。
とりあえずストレッチ。
ずいぶん楽になってきた。
ついでに背中の広背筋のストレッチ。
いい調子。
寝よ。。。

翌朝、若干痛みがあるが、横になっているより、起きている方が楽。
がっつり施術が入っている。

ぐったり~。やっと終わった~~。
あ、痛くなくなってる。
動けってことか。
怠け病か。
まあ、とにかく、今日はゆっくり眠れそう。(-_-)zzz

固いほうが悪いというわけでもない

「右と左。どっちが悪いですか?」
  「右でしょうか」
「うん。いつも右がつらくなる。でも、マッサージに行くと
左のほうが固いって言われるんだよ」

右肩が下がって、右腰が上がっているお客様です。
いわゆるCの字。背骨が。
Cの、空いている方
右側は筋肉が縮まっている。
左側は伸ばされている。
輪ゴムを引っ張って、触ってみると固い、張った感じ。
緩めると柔らかい。
これと同じで、左側は伸ばされているので、
固く張った感じ。
右側は縮まっているので、左に比べれば柔らかく感じる。
なので、固いのは?って聞かれると左っていうのかも。

このお客様は、右手を非常に酷使するお仕事。
身体がどんどん右側に傾いていくお仕事。
なので、右側が縮まっていく。
なので、悪いのは右側。
固いからって左側ばかり伸ばしても楽にはならない。
右側をしっかり施術しないと。
ということで、
固いからってっ悪いとは限らない。