いざという時に助けてくれる人がいればいいんじゃない

2018.10.21.10:36

友達幻想という本が中高生に読まれているとTVで、見た。
友達との距離の置き方とか接し方なんかが書かれてあるらしい。
友達が何百人とかいいねが何百人とか。
ほんとの友達?
友達って、何?

私は友達少ない。
友達?知人?よくわからんという人もいるし。
でも、思ったのはいざという時手助けしてくれる人が
いればいいんじゃない?って。
役に立つっていったら失礼かな。
お店出すときHP手伝ってくれた人
練習台になってくれた人。
知人と一緒に練習が友達の少ない私の友達のほうが
手伝ってくれる人がおおかったり。
友達多いって言ったって役に立たんじゃん。
って思っちゃった。
人数じゃあないんだよね、結局。
自分のこと思ってくれる人が何人いるかなんじゃあない?
ラインの返信とかに縛られているみたいだけど
昔はそんなんなかったから
楽だったなあ。
少し時代が昔に戻ったほうが
人間らしかった気がするなあ。

comment

Secret

ゆったりまったりほっこり

komamin

Author:komamin
岐阜県瑞穂市の整体・カイロ
「こもれび」のネコ好き整体師です。
日々徒然なるままに、ゆったりまったり、そしてほっこりしていきたいです。

2013.9.8
岐阜県瑞穂市に店舗オープン

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR